MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 肩こりなど上半身の悩み > 50肩?腱板損傷?その肩の傷みはどっち?

50肩?腱板損傷?その肩の傷みはどっち?

2018.04.21 | Category: 肩こりなど上半身の悩み

東大阪・布施駅近くのくまのて整骨院、熊崎です。

ここ数日で肩の痛みを訴えるお客さんで特徴のある方が3名来られました。

50代女性、60代女性、70代男性と性別年齢様々ですが、どなたも外傷性のケガでした。

50肩と腱板損傷の見極めとして大切な点としてひとつ、外傷性か否かがあります。

50代女性は手を挙げたまま転倒し、その後肩が上がらなくなりました。

60代女性と70代男性はいずれも卓球中に肩に痛みを感じ、その後上がらなくなりました。

もう一つのポイントとして、自分では痛くて上げられないが、人に上げてもらうと痛みがなく腕があげられるという点があります。

その他にも各種検査は必要ですが、まずはこの2点がポイントです。

50肩であれば早期の運動療法を行いますが、腱板損傷の場合は安静、固定が必要となります。

 

ちなみに、50肩でも腱板損傷でもなく、肩が上がらない、上げると痛むという症状の方も多くいます。

背骨や骨盤のバランス、肩甲骨の位置、肩周囲の筋肉の緊張などによるものです。

こんな例ですね↓

肩を上げると痛い

 

肩が痛む、腕を上げると痛むなどの症状でお困りの方は、一人で悩まずに当院へご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒577-0056 大阪府東大阪市長堂1-12-1
駐車場近隣のコインパーキングをご利用で200円分駐車代をお渡しします
電話番号06-6618-6233
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜午後、土曜午後、日曜・祝日

院内紹介