MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 肩こり・頭痛など,症例集 > 肩こりと頭痛の対策

肩こりと頭痛の対策

2018.10.07 | Category: 肩こり・頭痛など,症例集

院長の熊崎です。

肩こりをお持ちの患者さんと話をしているとかなりの確率で、

「実は頭痛もあるんですが・・・」

という相談を受けます。そうしている内に、問診の際に

「頭痛もありませんか?」

とこちらから聞くようになりました。

「なんでわかるんですか?」

なんてやり取りが日常になっています。

 

肩こりと頭痛の関係性

 

肩こりの原因はいろいろありますが、肩から首につながる筋肉(=僧帽筋)の緊張が強くなってしまっていることが多いです。

僧帽筋は肩を持ち上げる際に働きますので、同じ姿勢が続いたり、緊張して肩が上がってしまっていたりすると、知らないうちに固くなってしまっていることが多いのです。

結果的に僧帽筋が固くなると、肩こりや首コリを感じるようになります。

首が張って脳の血流を邪魔してくると頭痛が発生します。これが緊張型頭痛と呼ばれるものです。

 

頭痛の種類は、何らかの病気が原因で起こる「2次性頭痛」と呼ばれるものと、そうではないもの=「1次性頭痛」とに分けることができます。割合で言えば、頭痛の内9割以上は1次性頭痛と言われています。

1次性頭痛は緊張型頭痛、片頭痛、群発型頭痛に分けられ、先の話に出てきたような肩こりと深い関係を持つものが緊張型頭痛と呼ばれています。

 

緊張型頭痛の特徴

緊張型頭痛の特徴としましては、

・午後から夕方など疲れがたまってきた時や、目の疲れが出てきた時に起こりやすい

・後頭部から首の後ろが張って締め付けられるような感じになる

などがあります。

 

緊張型頭痛の対策

・長時間同じ姿勢を取らない

デスクワークの方などは15分に一度手を止めて背伸びをするだけでも違います。

60分続けて作業をして5分休憩をするよりも、15分ごとに1分休憩を入れる方が体への負担が少ないです。

・肩から首の血行を良くする

ストレッチやマッサージも効果的ですが、肩から首を温めてあげるだけでも違います。

※片頭痛の場合は冷やした方がよいので注意してください

 

それでも改善しにくい場合は、当院で行っている頭痛改善整体を受けて頂くことをおススメします。

当院の頭痛改善整体では、頭の重さを支える首の骨のバランスを整えることで僧帽筋の緊張を緩めることができます。

緊張型頭痛でお悩みの方は、頭痛改善整体が受けられる東大阪市・布施駅近くのくまのて整骨院にご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒577-0056 大阪府東大阪市長堂1-12-1
駐車場近隣のコインパーキングをご利用で200円分駐車代をお渡しします
電話番号06-6618-6233
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜午後、土曜午後、日曜・祝日