TEL LINE

顎関節症からくる頭痛でお悩みの方へ | 東大阪市・布施駅・布施 くまのて整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩こりなど上半身の悩み,頭痛 > 顎関節症からくる頭痛でお悩みの方へ

顎関節症からくる頭痛でお悩みの方へ

2018.12.15 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

顎関節症から来る頭痛でお悩みの患者さんが来院されました。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは・・・

 

何らかの原因で耳の穴の前にある顎関節や下あごを動かす筋肉(咀嚼筋)に負担がかかってしまうと、食べ物を噛むと顎関節や咀嚼筋に痛みを感じる、口の開け閉めをするときに顎関節からカクカク・ゴリゴリと音がする、口が大きく開かなくなる、などの症状が起こります。
これらの症状があるにも関わらず、似たような症状がでる他の病気(関節リウマチや外傷性の顎関節炎など)がないと判断された場合を、顎関節症といいます。
https://medicalnote.jp/より

 

顎関節症により、側頭部から後頭部にかけて頭痛が発症しているとの診断でしたが、なぜ顎関節症と頭痛が関係しているのでしょうか。

顎関節症の原因は様々ありますが、その一つとして頸椎(首の骨)のズレが考えられます。

頚椎は後頭骨(頭蓋骨の後ろ側)と関節を作っていますが、顎の関節は側頭骨(頭蓋骨の側面)と下顎骨(下あご)で出来ています。

頸椎と顎関節の関係

つまり・・・

頚椎がゆがむ → 後頭骨が傾く → 側頭骨がゆがむ → 下顎骨とのバランスが崩れる = 顎関節症の発症

といったメカニズムになっていることが多いのです。

顎関節症だから頭痛が起きていると考えるのか、頸椎のズレが発症しているから顎関節症と共に頭痛が発症していると考えるのかで結構違いますが、結果的には頚椎を整えることで頭痛と顎関節症の両方にアプローチをかけることが出来るのです。

そこで、今回来院頂いた患者様も頸椎のバランスを整えたところ、その場で頭痛がだいぶ解消し、顎も楽に開閉できるようになりました。

現在、2回目の治療を行ったところですが、1度目の治療後、クセにより多少戻っていたところはありましたが、おおむね症状は改善され良好な状態になってきました。

あと数回の治療で完治の見込です。

 

顎関節症から来る頭痛でお悩みの方は、東大阪・布施駅近くで頭痛改善整体が受けられるくまのて整骨院にご相談ください。