TEL LINE

3週間前のぎっくり腰の痛みがまだ残る… | 東大阪市・布施駅・布施 くまのて整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 12月の記事一覧

3週間前のぎっくり腰の痛みがまだ残る…

2018.12.18 | Category: 腰痛など下半身の悩み

くまのて整骨院の熊崎です。

少し前に30台男性で腰痛の患者さんが来院されました。

お話を伺うと3週間前にぎっくり腰になり、病院に受診。

MRIを受けるが異常はなく、シップと痛み止めを処方されたとのことです。

その後、一時的に症状が落ち着くが痛みが引かず当院に来院されました。

問診と検査をしてみると、腰椎5番(腰の骨の一番下)と骨盤のバランスが悪く、腰の筋肉が常に緊張した状態でした。

 

ぎっくり腰の原因は様々ありますが・・・

今回のケースは傾いた体を支えていた腰の筋肉が限界を超え、体を支えきれなくなったためぎっくり腰になってしまったと考えられます。

痛み止めとシップで一時的に痛みを抑えると、症状が緩和したため治ったように感じてしまいます。

突発的なものであればそれで治ることも多いですが、体のバランスが崩れてしまっている場合、また体を支えるために痛みが再発します。

こうなってしまうと、慢性的な腰痛、ぎっくり腰を何回も繰り返している、なんて事になってしまいます。

 

そこで、今回来院された患者さんもMRIでは異常がないとのことでしたが、筋肉と骨を触診して左右バランスを確認していくと明らかに左右で差がありましたので、説明をしてバランスを整える矯正の施術をいたしました。

1回目の施術後、体がだいぶ動けるようになりましたが、多少突っ張り感は残っていました。

それは3週間、筋肉に無理をかけ続けた結果、バランスが取れてもまだ硬さが残ってしまっているためです。

その後、数回筋肉の緊張を緩める施術をしたところ、今ではスッキリ腰の痛みが取れて楽になってもらえました。

 

ぎっくり腰になってすぐは動くのもつらい状況です。

そんな時の対処は”動かさない”、”冷やす”、”痛み止めもしくはシップをする”ことで一時的に楽になれます。

3日ほど横になっていると、筋力が回復し、また体を支えれるようになります。

動けるようにあれば、病院や整骨院などで治療を受けて完治を目指しましょう。

上記のように、ぎっくり腰になるくらい腰の筋肉に負担をかけてしまっているので、筋肉が回復するまでゆっくり休養するのが大切ですが、痛み止めで痛みが抑えられていると、治ったと勘違いしてすぐに動いてしまう方が多いです。

痛み止めやお薬が悪いわけではありません。

ゆっくり休めることも大切だということですね。

 

でも・・・

 

ゆっくりなんて休んでられない!

という方も多いのは事実です。そういう私もゆっくり休んでられないです。

そんな時は、筋肉が疲労を起こしていても、痛みがあっても背骨と骨盤のバランスを先に整えます。

痛い時に痛い箇所を動かすのでちょっと辛いです。

でも、バランスが整えば筋肉の回復も早いです。

早く何とかしてくれ!という場合はそういう方法もあります。

 

ぎっくり腰など腰の症状でお困りの方は一度ご相談ください。

 

顎関節症からくる頭痛でお悩みの方へ

2018.12.15 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

顎関節症から来る頭痛でお悩みの患者さんが来院されました。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは・・・

 

何らかの原因で耳の穴の前にある顎関節や下あごを動かす筋肉(咀嚼筋)に負担がかかってしまうと、食べ物を噛むと顎関節や咀嚼筋に痛みを感じる、口の開け閉めをするときに顎関節からカクカク・ゴリゴリと音がする、口が大きく開かなくなる、などの症状が起こります。
これらの症状があるにも関わらず、似たような症状がでる他の病気(関節リウマチや外傷性の顎関節炎など)がないと判断された場合を、顎関節症といいます。
https://medicalnote.jp/より

 

顎関節症により、側頭部から後頭部にかけて頭痛が発症しているとの診断でしたが、なぜ顎関節症と頭痛が関係しているのでしょうか。

顎関節症の原因は様々ありますが、その一つとして頸椎(首の骨)のズレが考えられます。

頚椎は後頭骨(頭蓋骨の後ろ側)と関節を作っていますが、顎の関節は側頭骨(頭蓋骨の側面)と下顎骨(下あご)で出来ています。

頸椎と顎関節の関係

つまり・・・

頚椎がゆがむ → 後頭骨が傾く → 側頭骨がゆがむ → 下顎骨とのバランスが崩れる = 顎関節症の発症

といったメカニズムになっていることが多いのです。

顎関節症だから頭痛が起きていると考えるのか、頸椎のズレが発症しているから顎関節症と共に頭痛が発症していると考えるのかで結構違いますが、結果的には頚椎を整えることで頭痛と顎関節症の両方にアプローチをかけることが出来るのです。

そこで、今回来院頂いた患者様も頸椎のバランスを整えたところ、その場で頭痛がだいぶ解消し、顎も楽に開閉できるようになりました。

現在、2回目の治療を行ったところですが、1度目の治療後、クセにより多少戻っていたところはありましたが、おおむね症状は改善され良好な状態になってきました。

あと数回の治療で完治の見込です。

 

顎関節症から来る頭痛でお悩みの方は、東大阪・布施駅近くで頭痛改善整体が受けられるくまのて整骨院にご相談ください。

姿勢が悪いと頭痛が起こる?

2018.12.11 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

最近、頭痛患者さんとお話していると「肩こりもひどいんです」という相談をよく受けます。

大体は猫背になってますね。

そこで、姿勢を正しくしてみましょうとお話しすると、患者さんは頑張ってくれます。

ん~、でもここがちょっと違うんですよね。

頑張ってすることって、”頑張らなくなったら元に戻る”ことが多いんです。

頑張らなくても出来るようにならなくては本当の意味で”姿勢が良くなった”、”変わった”とは言えないんです。

ちなみに頑張っている感じはこちら↓


出典 http://www.officiallyjd.com/

何を頑張っているのかというと・・・

姿勢をよくするために肩を後ろに引いている感じですね。

「姿勢を良くするために胸を張ってください!」

って言われたことはないですか?

 

でもこれってちょっと違うんです。

 

私が皆さんにお勧めしているのは・・・

「肩は楽に、胸を上に向けてみてください」

これだけです。

ポイントは肩ではなくです。

胸を上に持ち上げるように意識をして、肩の力を抜く。

言葉にするとそんなこと?と思うかもしれませんがコレがポイントです。

肋骨は横から見ると少し斜め下を向いています。この角度をちょっと上に向けるイメージです。

バストが上を向いて、お腹の前面が少し突っ張る感じです。

大切なことなのでもう一度!

ポイントは肩ではなく胸です。

 

本当は参考画像を探してみたのですが中々、これといった写真が見当たりませんでした。いいのが見つかったらまた記事にして投稿します。

 

姿勢が整うと頚椎(首の骨)の並びも変わってきますので、肩こりだけではなく、頭痛にも効果的です。

まだ良く分からないな~という方は一度当院にご相談ください。

 

東大阪・布施で本格的頭痛改善整体が受けられる「くまのて整骨院」であなたの頭痛、肩こりを改善しませんか。

 

 

 

この時期、寒暖差が頭痛などの原因かも?!

2018.12.05 | Category: 頭痛

柳です。

今回の冬はエルニーニョ現象の為、暖冬になるみたいですね。

しかし、冬は冬!寒くなる時もありますので日々の温度の差が激しくなりそうです。

こんな時に体調を崩して風邪やインフルエンザに罹りやすいので注意です。

最近多いのが、風邪かな?と思っても症状が軽い。でも、身体がダルいし頭が痛い鼻水も出る。

何だろう?という方が増えてます。

これは、最近よく聞く「寒暖差アレルギー」の可能性が高いです。

寒暖差アレルギーとは、朝と昼の温度差が大きかったりして自律神経が乱れるのが原因だと

言われています。自律神経は身体の血管の縮みと広がるのの調整をしているので

寒ければ縮み、暖かければ広がるといった感じです。

この機能が上手くいかずに身体の不調になってしまいます。

対策としては、身体を冷やさない、日中は軽い運動をして夜は入浴などでリラックスするなど

生活リズムを正すのが良いみたいです。

今回の冬は暖かいから良いわ!じゃなく暖かい中にも注意が必要なので体調管理してくださいね。