TEL LINE

肘を打つと痺れるのはなぜ? | 東大阪市・布施駅・布施 くまのて整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ファニーボーン│くまのて整骨院│東大阪市・布施駅・布施の記事一覧

肘を打つと痺れるのはなぜ?

2022.05.16 | Category: 膝痛など下肢の悩み

体の話
~ファニーボーン~

皆さんは机に肘を打ったりして、肘や指先がビーンと痺れたことはありますか?実はその現象を『ファニーボーン』(奇妙な・おかしな骨)といいます。
原理としては、肘にある肘部管という場所を通る、尺骨神経に直接刺激が入ることで、ビーンとした痺れが出ます。
なぜ、ファニーボーンというのか?それは痺れが起きる上腕骨の事を英語で「humerus(ヒューメラス)」といい、発音が似ている「humorous(ユーモラス)」を経て、同義語の「funny(ファニー)」となったと言われています。
因みに、偶発的に起こるのは特に問題ありませんが、誘発させようと刺激をし続けると、尺骨神経障害を引き起こす可能性があるため、気を付けてください

 

お困りの症状がございましたら、当院までお気軽にお問い合わせください。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です