TEL LINE

姿勢が悪いと頭痛が起こる? | 東大阪市・布施駅・布施 くまのて整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

姿勢が悪いと頭痛が起こる?

2018.12.11 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

最近、頭痛患者さんとお話していると「肩こりもひどいんです」という相談をよく受けます。

大体は猫背になってますね。

そこで、姿勢を正しくしてみましょうとお話しすると、患者さんは頑張ってくれます。

ん~、でもここがちょっと違うんですよね。

頑張ってすることって、”頑張らなくなったら元に戻る”ことが多いんです。

頑張らなくても出来るようにならなくては本当の意味で”姿勢が良くなった”、”変わった”とは言えないんです。

ちなみに頑張っている感じはこちら↓


出典 http://www.officiallyjd.com/

何を頑張っているのかというと・・・

姿勢をよくするために肩を後ろに引いている感じですね。

「姿勢を良くするために胸を張ってください!」

って言われたことはないですか?

 

でもこれってちょっと違うんです。

 

私が皆さんにお勧めしているのは・・・

「肩は楽に、胸を上に向けてみてください」

これだけです。

ポイントは肩ではなくです。

胸を上に持ち上げるように意識をして、肩の力を抜く。

言葉にするとそんなこと?と思うかもしれませんがコレがポイントです。

肋骨は横から見ると少し斜め下を向いています。この角度をちょっと上に向けるイメージです。

バストが上を向いて、お腹の前面が少し突っ張る感じです。

大切なことなのでもう一度!

ポイントは肩ではなく胸です。

 

本当は参考画像を探してみたのですが中々、これといった写真が見当たりませんでした。いいのが見つかったらまた記事にして投稿します。

 

姿勢が整うと頚椎(首の骨)の並びも変わってきますので、肩こりだけではなく、頭痛にも効果的です。

まだ良く分からないな~という方は一度当院にご相談ください。

 

東大阪・布施で本格的頭痛改善整体が受けられる「くまのて整骨院」であなたの頭痛、肩こりを改善しませんか。

 

 

 

この時期、寒暖差が頭痛などの原因かも?!

2018.12.05 | Category: 頭痛

柳です。

今回の冬はエルニーニョ現象の為、暖冬になるみたいですね。

しかし、冬は冬!寒くなる時もありますので日々の温度の差が激しくなりそうです。

こんな時に体調を崩して風邪やインフルエンザに罹りやすいので注意です。

最近多いのが、風邪かな?と思っても症状が軽い。でも、身体がダルいし頭が痛い鼻水も出る。

何だろう?という方が増えてます。

これは、最近よく聞く「寒暖差アレルギー」の可能性が高いです。

寒暖差アレルギーとは、朝と昼の温度差が大きかったりして自律神経が乱れるのが原因だと

言われています。自律神経は身体の血管の縮みと広がるのの調整をしているので

寒ければ縮み、暖かければ広がるといった感じです。

この機能が上手くいかずに身体の不調になってしまいます。

対策としては、身体を冷やさない、日中は軽い運動をして夜は入浴などでリラックスするなど

生活リズムを正すのが良いみたいです。

今回の冬は暖かいから良いわ!じゃなく暖かい中にも注意が必要なので体調管理してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くまのてにゅ~すvol4(H29.7)

2018.11.05 | Category: ニュースレターバックナンバー

毎月発行の院内新聞「くまのてにゅ~す」のバックナンバーが見れます。
Vol4の見どころは・・・
大阪からいける「ひまわり畑」の紹介!
「行ってみた」では八尾にある”炭火とワインン”をレポート。
自分でできる「肩こりに効くポイント」を紹介。これは一押しです!
スタッフの紹介では院長の紹介をしてます。
長期掲載の「元バックパッカー柳のインド旅行記」も引き続き掲載中
リンクをクリックしてみることができます↓
くまのてにゅーすvol4

薬物乱用頭痛のお客さんが来院されました

2018.10.22 | Category: 頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

薬物乱用頭痛のお客さんが来院されました。
長年の頭痛に悩まされ、頭痛薬を飲む量がどんどん増えていったそうです。
最近では1ヶ月に150錠もの頭痛薬を飲んでやり過ごしていたそうです。
当初は一般的な緊張型頭痛との診断だったようですが、対処法として薬を処方され続けて、薬物乱用頭痛にまで悪化してしまいました。

薬物乱用頭痛とは、急性期に用いるような頭痛薬を服用し続け、服薬が原因となり、頭痛が悪化している病態です。
当然、施術法としては頭痛薬をやめることが大切になってきますが、現状の頭痛を何とかしなければ・・・という問題があります。

今回、来院されたお客さんも、「今の頭痛を何とかできませんか?」と来院されました。

元々が緊張型頭痛であったため、頚椎2番の位置を確認すると、やはり正常な位置にはありませんでしたので、頭痛改善整体を初回から行いました。
その場で少し頭痛が緩和されたので、一度帰って様子を見ていただくことにしたところ、次に来院された時には

「昨日から頭痛薬が減らせました!」

と言っていただけました。
全ての頭痛が改善するとは言えばませんが、様々な頭痛でお悩みの方は一度、当院の頭痛改善整体を試してみてはいかがでしょうか。
まだまだ、通院計画の途中ですがこのまま快方に向かって行けるように施術中です。

片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛でお悩みの方は、頭痛改善整体が受けられる、東大阪・布施駅近くのくまのて整骨院に一度ご相談ください。

肩こりと頭痛の対策

2018.10.07 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

院長の熊崎です。

肩こりをお持ちのお客さんと話をしているとかなりの確率で、

「実は頭痛もあるんですが・・・」

という相談を受けます。そうしている内に、カウンセリングの際に

「頭痛もありませんか?」

とこちらから聞くようになりました。

「なんでわかるんですか?」

なんてやり取りが日常になっています。

 

肩こりと頭痛の関係性

 

肩こりの原因はいろいろありますが、肩から首につながる筋肉(=僧帽筋)の緊張が強くなってしまっていることが多いです。

僧帽筋は肩を持ち上げる際に働きますので、同じ姿勢が続いたり、緊張して肩が上がってしまっていたりすると、知らないうちに固くなってしまっていることが多いのです。

結果的に僧帽筋が固くなると、肩こりや首コリを感じるようになります。

首が張って脳の血流を邪魔してくると頭痛が発生します。これが緊張型頭痛と呼ばれるものです。

 

頭痛の種類は、何らかの病気が原因で起こる「2次性頭痛」と呼ばれるものと、そうではないもの=「1次性頭痛」とに分けることができます。割合で言えば、頭痛の内9割以上は1次性頭痛と言われています。

1次性頭痛は緊張型頭痛、片頭痛、群発型頭痛に分けられ、先の話に出てきたような肩こりと深い関係を持つものが緊張型頭痛と呼ばれています。

 

緊張型頭痛の特徴

緊張型頭痛の特徴としましては、

・午後から夕方など疲れがたまってきた時や、目の疲れが出てきた時に起こりやすい

・後頭部から首の後ろが張って締め付けられるような感じになる

などがあります。

 

緊張型頭痛の対策

・長時間同じ姿勢を取らない

デスクワークの方などは15分に一度手を止めて背伸びをするだけでも違います。

60分続けて作業をして5分休憩をするよりも、15分ごとに1分休憩を入れる方が体への負担が少ないです。

・肩から首の血行を良くする

ストレッチやマッサージも効果的ですが、肩から首を温めてあげるだけでも違います。

※片頭痛の場合は冷やした方がよいので注意してください

 

それでも改善しにくい場合は、当院で行っている頭痛改善整体を受けて頂くことをおススメします。

当院の頭痛改善整体では、頭の重さを支える首の骨のバランスを整えることで僧帽筋の緊張を緩めることができます。

緊張型頭痛でお悩みの方は、頭痛改善整体が受けられる東大阪市・布施駅近くのくまのて整骨院にご相談ください。

 

ワンタフトブラシ

2018.10.06 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,1000円幸せ

口の中をケアするグッズが年々増えていますね

ドラッグストアでもデンタルリンス、ゴム製の歯間ブラシなどなど

 

そんな中で、群を抜いていいなぁと思うのが ワンタフトブラシ です。

ブラシの先端が尖るようにカットされていて、歯と歯の間の汚れをきれいに取ることができます。

また、柄の角度が良く、口の奥に入れることも簡単にできます。

 

歳を取るごとに、歯茎が下がってきて、汚れが溜まりやすくなってきます…。そんな、複雑な形の所も

スッキリ洗えて便利!

 

また、子どもの歯磨きにもおススメです。お母さんがする仕上げ磨きの時に使うと、気になるところをしっかり

キレイにできます。

 

歯科医院かネットで購入できます。 私の通っている歯科医院では本270円でした。

 

ワンタフトブラシのようなケアは面倒ではあるんですが、自分のための投資をしているようで、

労わっているようで、少し幸せを感じますね。

 

そうそう、歯のケアを怠って、虫歯などで噛み合わせが悪くなると肩こりや頭痛の原因となりやすいです。

もし肩こりや頭痛の症状でお困りの際は、東大阪市・布施駅近くのくまのて整骨院にご相談ください。

 

 

 

まだ秋なのにインフエンザが流行?

2018.10.01 | Category: 頭痛

柳です。

まだ10月なのにインフルエンザが流行してきているらしいですね!

毎年年末ぐらいなのに最近は世の中がオカシイですね。

ここ1週間前くらいから朝夜が冷え込んできていて身体が痛い、調子が悪いと来院されてその後風邪だったということが重なりました。

気候の変化で体調が悪くなる気象病での頭痛の方も多くなってきてますので注意して下さい。

頭痛などが出ている方は当院で対処出来ますのでご来院下さい。

流石に風邪やインフルエンザでの頭痛はお医者さんに行って下さいね。(笑)

頭痛に関することでお困りなら、頭痛改善整体が受けられる東大阪・布施駅近くのくまのて整骨院にご相談ください。

交通事故でのむち打ちお客さんが治りました

2018.09.22 | Category: 交通事故,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

交通事故でむち打ちになられたお客さんが通院されていましたが、無事に治りました。

交通事故後は病院に通院されていたのですが、湿布で様子を見ましょうとだけ言われ、中々症状が改善されず当院に通院されていました。

詳しくはコチラ↓

病院に1か月通院するが解消しない交通事故でのむち打ち

当初は頚椎(=首の骨)のバランスを整える施術を中心に行っていましたが、徐々に症状が落ち着いてきました。交通事故でのむち打ちの場合、天候の変化などで症状が再発することが多く、しばらく様子を見ながらの通院を指導してきましたが、最近は雨の日でも症状が再発することなく落ち着きました。

「もう大丈夫ですね!」

と言えた時はとてもうれしい気持ちになり、お客さんから

「ここに来て良かったです!」

と言ってもらえた時はもっと嬉しい気持ちになりました。

しばらく出張が続くようなので、念のために戻ってきたら様子を見てみる予定ですが、きっと大丈夫です。

自然によくなるのを待つのではなく、しっかりと施術をして体に定着させたので心配ないと思います。

 

不幸にも交通事故でむち打ちに会われた際は、ゆっくりと回復を待つのも一つの選択肢ではありますが、しっかり施術して、早く改善にむけて努力するもの大切です。

交通事故でのむち打ちでお困りの際は、くまのて整骨院にご相談ください。

くまのて整骨院では、むち打ち症状の早期回復はもちろん、交通事故でお困りの際には専門の弁護士さんの紹介も致しております。

 

煮卵

2018.09.21 | Category: 1000円幸せ

煮卵

ラーメン屋の煮卵って本当に美味しですよね!

そこまでの味とはいかないまでも、家で作れたらなと思い立ちチャレンジしているとこころです。

煮卵について、マンガで書かれていたり、料理本で書かれていたりしたのを

拾い読みして、それを試しています。

 

今のところのオススメの作り方は

➀冷蔵庫から取り出した卵を常温に戻さず、沸騰した湯の中に入れ8分茹でる。

➁殻を剥いて、めんつゆを染み込ませたキッチンペーパーで巻いて一晩置く。

 

材料費があまりかからず、でも上手くできると心から嬉しい煮卵です。

 

普段の日常生活の中で、小さくても心から嬉しいなと思うことはありますか?

お客さんには、そんなことをたくさん話してもらいながらリラックスして当院の施術を受けて欲しいですね。

スタッフ一同お待ちしています。

 

東大阪市・布施駅近くで頭痛改善整体が受けられる「くまのて整骨院」

頭痛の種類と解説。あなたの頭痛はどんな頭痛ですか?

2018.09.17 | Category: 頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

当院では、頭痛改善のための整体を行っています。
私自身も頭痛に悩まされていた経験もありますが、何よりも怖いのは「なぜ今、頭痛が起きているか分からない事」です。

この痛みの原因は何なのか?

それが分かるだけでも案外すっきりします。
そのためにはまず頭痛について知っておく必要があります。

 

頭痛は大きく分けると1次性頭痛と2次性頭痛の2種類の物に分けられます。

命に関わる頭痛は2次性頭痛と呼ばれ、何らかの病気が原因で頭痛が起きているものです。脳梗塞やくも膜下出血、肝炎や風邪からくる頭痛などがあります。

それ以外の肩こりや血流の問題などから来る頭痛は1次性頭痛と呼ばれ、ほぼ9割以上の方の頭痛がこれに当てはまります。

当院の頭痛施術も頭痛の9割以上を占める、この1次性頭痛を対象としております。

1次性頭痛と2次性頭痛の見分け方は、最終的には脳外科などのMRIなどによりますが、まずはこれまでに経験したことの無いような痛み、吐き気とめまいを同時に伴うもの、痛みが増強していくものなどがあれば、2次性頭痛を疑い、一度病院を受診されることをおススメします。

上記に当てはまらない場合、もしくはすでに病院で2次性頭痛の疑いのないものと診断を受けた頭痛は当院の頭痛改善整体で施術が可能です。

 

そこで、1次性頭痛について説明いたします。

1次性頭痛は「片頭痛」「群発頭痛」「緊張型頭痛」に分けられます。

片頭痛
 頭の片側や両側がズキズキガンガンし、吐き気を伴うような頭痛が一定の期間をおいて繰り返します。月に1~2回、多いときには週に2~3回発作的に強い頭痛が起こります。脈打つような痛みで、体を動かすと痛みがひどくなり、悪心や嘔吐をともなったり、音や光に敏感になります。20~40代の女性に極めて多く見られるのが特徴です。
 
群発頭痛
 激しい痛みが片側の目の奥に起こります。「目の奥をえぐられるような」「柱に頭をぶつけたくなるような」と言われるような激しい痛みが、片側の目の奥に起こるのが特徴です。涙が出て、目が充血し、鼻水がでるなどの症状を伴います。多くの場合、年に1~2回、期間は1~2ヶ月、毎日のように激しい頭痛が繰り返し起こります。
 
緊張型頭痛
 肩や首すじのこりとともに、頭が締め付けられるような痛みです。「肩こりから来る頭痛」と言われた場合はほぼこれに該当します。毎日のようにおこる頭痛ですが、それほど強い痛みではなく、仕事や日常生活ができなくなるようなことはまずありません。精神的、肉体的、どちらのストレスも引き金となり多くの場合「頭に輪をはめてしめつけられるような」と表現される頭痛を起こします。

 

いかがですか?あなたの頭痛の原因が少しでも分かれば怖さも軽減しませんか?

片頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛などでお困りの際は、東大阪市・布施駅近くで頭痛改善整体が受けられる「くまのて整骨院」にご相談ください。