TEL LINE

混合型頭痛の対処法 | 東大阪市・布施駅・布施 くまのて整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

混合型頭痛の対処法

2019.03.13 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

今日も頭痛で悩まれている女性の方が来院されました。

お話を伺うと、基本的には頭が締め付けられるように重く、仕事の日の夕方に症状が重く出るという事で、緊張型頭痛であると考えられます。

しかし、仕事の無い週末にも波打つような頭痛が出るとの事から、片頭痛も起きている可能性もあります。

つまり、この方は緊張型頭痛と片頭痛を併発した「混合型頭痛」であると考えられます。

くまのて整骨院の頭痛改善整体は混合型頭痛にも効果があるので、さっそく施術させて頂いたところその場で頭の重さが軽減しました。

実は、現在2回目の施術が終わったところなのですが、まだ頭痛の症状に波があるとの事です。

仕事中も以前ほどの頭痛には悩まされなくなったとの事ですが、完全に取れたわけではなく、良い日と悪い日の波がある。

それでも以前から比べるとだいぶ楽になってきたので希望が持てますとの事です。

あと何回か調整しながら頭痛を撃退したいと思っています。

 

そこで少し悩まさせたのが頭痛が出てしまった際の対処法です。

 

一般的に緊張型頭痛と片頭痛では対処法が違います。

緊張型頭痛の場合、肩から首を温めたり、動かしたりすることで頭痛が解消されることが多いです。ストレスを感じて緊張が高まることでも頭痛が誘発されるのでストレスを解消することも効果的です。

反対に片頭痛の場合は、患部を冷やしたり、静かに休んでいることで頭痛が解消されることが多いです。

 

では、混合型頭痛の場合はどのような対処法が望ましいのでしょうか。

 

まずは自分の頭痛が片頭痛と緊張型頭痛のどちらの傾向が強いかを判断します。

傾向が強い方の頭痛の対処法を行うことでたくさん抱えた問題を一つずつ解消します。

 

自分の頭痛がどちらのタイプか分かりにくい場合は最寄りの専門医に相談するか、くまのて整骨院にご相談ください。

 

くまのて整骨院では、緊張型頭痛や片頭痛の解消に効果的な頭痛改善整体を行っております。長年悩まされている頭痛や、頭痛薬を飲み続けている方は、ぜひ一度くまのて整骨院の頭痛改善整体を受け、頭痛から解放されませんか。

ご来院の際はネット予約をしていただけるか、お電話にて「頭痛改善整体を受けたいです」と言っていただけるとスムーズに施術を受けていただけます。

 

追記:こちらの女性の方は約半月、計4回の施術で頭痛が出なくなり、施術終了となりました。笑顔で卒業されてよかったです。

 

ベトナム人もケガをする

2019.02.26 | Category: 膝痛など下肢の悩み,未分類

くまのて整骨院の熊崎です。

本日、偶然にも足を捻挫したベトナム人の方が2名も来られました。

当然ですよね。

ベトナム人だってケガをします。

そんな時はどうするんでしょうか?

1人の方は勤めている会社の方に聞いて来ました。

もう一人の方はどうやら先に来られた方のSNSを見て来られたようです。

お二人ともお仕事をさせれているために健康保険証もお持ちです。

しかし、異国の地でケガをした時にどうしたらいいか困っていました。

帰られる時に「また別のベトナムの人も来るかもしれません」と言って帰られました。

きっとこの方々の周りで、ケガをして困っている人はまだまだいるんでしょう。

 

ちなみに今回は足首の捻挫でしたので、テーピングでしっかり固定して3週間の安静とケアの方法を指導しました。

 

くまのて整骨院ではケガをされた方は外国人でも施術します。

本当はベトナム語も英語も中国語も韓国語もスペイン語もなんでも大丈夫だよ!って言ってあげたいですが正直カタコトの英語くらいしか話せません。

できればカタコトでもいいので日本語、もしくは英語でコミュニケーションが取れる方でないと苦しいです。

それくらいなら何とかダイジョウブ!という外国の方。

ケガをして困ったときはくまのて整骨院を頼ってみてください。

注意:健康保険証をお持ちでない場合は5000円頂きます

 

住所はコチラ↓

address : 1-12-1, Chodo, Higashiosaka-shi, Osaka, 577-0056, Japan

phone :  06-6618-6233

mail address : info@kumanote-seikotsuin.com

 

ストレスから来る頭痛

2019.02.20 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

症例報告です。

左首が痛く、頭痛もするという75歳男性の方が来られました。

お話を伺うと、昨年末からストレスがかかることが多く、睡眠不足にもなり、その頃より首の痛みと頭痛がひどく中々改善されない状態です。

病院にもいかれたようですが、頭痛薬と睡眠導入剤を処方されましたが、症状は変わらず、今は生理食塩水?を注射してもらっているとの事でした。

それでも改善されないので相談すると「精神科で診てもらってはどうか」と言われたそうです。

 

ストレスの原因は今は解消されたのになぜ頭痛は取れずに残ってしまったのか。

 

早速、検査をしてみると頸椎2番が左にズレて首から後頭部にかけて緊張が強く出ていることが分かりました。

お話をしていると左肩こりはずいぶん前からあったとの事です。

 

順序立てて考えると・・・

元々首から肩にかけて多少の骨格の乱れはあったが、頭痛までは至らないほどであった

ストレスで首から後頭部の緊張が強くでた

元々あったものにさらに緊張が加わり、神経の圧迫と血行不良により、首の痛みと頭痛へと発展した

こんなとこでしょうか。

 

ご本人に説明していると、小さいころに木から落ちてから股関節の左右差が出ていたとか、若いころにローラースケートで転倒して左肘を骨折してから肩こりは続いているなど体の左右差を生んでしまっている原因は様々出てきました。

ここ最近、無理が掛かって出た症状なら、すぐに改善することはできますが、長年かかって体に染みついた癖や習慣は中々取れにくいですよと説明を加え、身体のバランスを取りつつ、頸椎の場所を正しい箇所に落ち着かせました。

施術直後から首が軽くなった!と喜んでいただけましたが、油断は禁物です。

先程も述べたように長年染みついた癖や習慣は、時間と共にまた顔を出してきます。

この方には週に2回、5回ほどの通院計画をお渡しし、経過を見ていきましょうと説明いたしました。

 

この方のように、ストレスが原因だろうと言われた頭痛であっても、体のバランスが整うことで解消されることは多いです。

特に頸椎2番に乱れが出ると外的な要因とは別に、自律神経の乱れによって頭痛や睡眠障害などが引き起こされることもあります。

 

長年悩んでいる頭痛、薬では改善されない頭痛などでお悩みの方は、頭痛改善整体が受けられるくまのて整骨院にご相談ください。

あなたの頭痛の原因を突き止め、頭痛から解放された生活を一緒に目指しましょう!

 

頭痛持ちとバレンタインチョコ・・・

2019.02.02 | Category: 頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

当院では薬で効かない頭痛や、長年の頭痛で悩む方を救う頭痛改善整体を行っています。

もうすぐ2月14日、バレンタインデーですね。

大切な相手から頂いたチョコ。自分へのご褒美のチョコ。義理チョコ。

色々とありますがこの時期、チョコレートを食べる機会が多くなると思います。

かくいう私もチョコレートは大好きです。

しかし、チョコレートは頭痛に良くないという話があります。

それはチョコレートに含まれるチラミンとテオブロミンという成分のせいです。

―――――――――――――――

☆チラミン

血管収縮の効果があるが、効果が無くなると急激に血管拡張されるため、頭痛の原因となる

☆テオブロミン

大量の摂取により頭痛や吐き気を誘発する

―――――――――――――――

これらの成分によってチョコレートを食べると頭痛が引き起こされます。

チョコレート以外にも赤ワインやココアなども頭痛を引き起こす原因となっていると言われています。

 

一方でチョコレートを食べると頭痛が治った!という話もあります。

それはチョコレートの糖分によって、頭痛の原因となる低血糖状態が解消されるためです。

空腹時に起きる低血糖が原因で頭痛が起きている場合は、チョコレートが頭痛改善に効果的ではありますが、そうではない場合、逆効果になるので注意が必要です。

 

じゃ、バレンタインはどうしたらいいの?って方におすすめなのはコーヒーです。

コーヒーや紅茶などはカフェインを含み、これが血管収縮作用をもつため頭痛に効果的です。

頭痛持ちの相手に送るならチョコでなくコーヒーがいいかしれませんね。

ちなみに今年のくまのて整骨院では、バレンタインデーの2月14日ころにご来院の方にはバレンタインコーヒーをご用意しています。数に限りがありますので無くなり次第終了です。ご了承ください。

 

薬では効かない頭痛や、長年悩んでいる頭痛でお困りの方は、頭痛改善整体が受けられるくまのて整骨院にお任せください。

ご来院の際は便利なネット予約か、お電話にて「頭痛改善整体を受けたいです」と言っていただけるとスムーズに施術を受けて頂けます。

頭痛が改善しにくい時は全身バランスを見ることも必要

2019.01.26 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

当院では頭痛改善整体を行っています。

頭痛改善整体は上部頸椎(首の骨)を優しく正しい位置に整えることで頭痛の改善を図るものです。

通常の背骨骨盤矯正とは違いボキボキすることない施術法となっています。

大抵の片頭痛や緊張型頭痛は、この頭痛改善整体で改善されますが、まれに数日たつとまた頭痛が再発することがあります。

それは全身のバランスが悪く、整えた首の骨がまた元の位置に戻ってしまっていることが原因としてあります。

首の骨は全部で7つありますが、その下は胸椎(胸の骨)が12個、腰椎(腰の骨)が5個、さらに骨盤と積み木のように積み重なっています。

その一番上に頭が乗っかる形で全身のバランスが保たれています。

つまり体の下でバランスが悪いと上の方、頸椎や頭部にひずみが出てしまい、きれいに整えても維持しにくいことが起こるのです。

しかし逆もしかりで、首や頭部のバランスが整うことで、体の下部のバランスも変わり全身のバランスが整うことも多いです。

当院で頭痛改善整体を行う際は、まずは直接頭痛に影響する首の骨のバランスを整えますが、それでも持ちが悪い際は全身のバランスも整え、良い状態が体に落ち着くように施術させて頂いております。

 

もし、あなたが長く頭痛薬を飲んでいたり、頭痛薬が効かなくなってきたなど、頭痛でお悩みの際は東大阪、布施駅近くで頭痛改善整体が受けられるくまのて整骨院にご相談ください。

ご来院の際は便利なネット予約や、お電話にて「頭痛改善整体をうけたいです」とご予約を頂けると待ち時間なくスムーズに施術を受けて頂けます。

片頭痛の治し方、対処法を知りたい人は多い

2019.01.14 | Category: 頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

ホームページを持っていると色々なデータが取れます。
その中で「頭痛」と共に一緒に検索されているワードが「治し方」「対処法」です。
頭痛でお悩みの方は当然、今すぐ何とかしたいと思って色々と調べているんですよね。

そこで、頭痛の種類とその治し方、対処法を記しておきます。

まずは頭痛の種類ですが、脳の血管が収縮して起こる「緊張型頭痛」と、脳の血管が拡張して起こる「片頭痛」とに分けられます。動くとまぎれるのが「緊張型頭痛」。動くとつらいのが「片頭痛」です。詳しくはこちらの記事(頭痛の種類と解説)を参考にしてください。

☆緊張型頭痛

頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」は、後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。

首や頭の周りの筋肉の緊張から血行不良が起き、夕方位に目の疲れと共に起きやすいのが特徴です。

●緊張型頭痛の治し方、対処法

収縮した血管を元に戻すために、肩や首を温める。
肩首のストレッチや運動などをする。
緊張した体、気持ちを気分転換をする。

セルフケアマッサージ
頭と首のさかいめ、中心から指3本ほど外側を、両方から親指で押しながら上を向く。


左右で固さに差があると思いますので、そのまま固い方に横を向く。
何度か繰り返すと固まった部分がゆるみます。

 

☆片頭痛

様々な要因で脳の血管が広がることによって起こる「片頭痛」は、波打つような痛みで吐き気も伴い、頭を動かすと痛みが増します。

またそれ以外に嘔吐、下痢などの症状が出ることもあり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

●片頭痛の治し方、対処法

広がった脳血管を元に戻すために、痛む場所を冷やす。
耳の穴の前、もみあげのあたりでドクドクと拍動している場所を、優しく30秒ほど抑える(触れているくらいで十分です)。

光や音、匂いに敏感になっているため、静かな暗い場所で横になる。
血管収縮作用を持つカフェインをとる(コーヒー、紅茶、日本茶など)。

いかがでしょうか?

間違えると逆効果な事もありますので、どちらの対処法があなたの頭痛に合っているか見極めるのが大切です。

当院では、あなたに合った頭痛の対策をお伝えします。

もっと詳しく知りたい!頭痛を何とかしたいとお悩みの方は、東大阪・布施駅近くで頭痛専門整体が受けられるくまのて整骨院にご相談ください。

3週間前のぎっくり腰の痛みがまだ残る…

2018.12.18 | Category: 腰痛など下半身の悩み

くまのて整骨院の熊崎です。

少し前に30台男性で腰痛の患者さんが来院されました。

お話を伺うと3週間前にぎっくり腰になり、病院に受診。

MRIを受けるが異常はなく、シップと痛み止めを処方されたとのことです。

その後、一時的に症状が落ち着くが痛みが引かず当院に来院されました。

問診と検査をしてみると、腰椎5番(腰の骨の一番下)と骨盤のバランスが悪く、腰の筋肉が常に緊張した状態でした。

 

ぎっくり腰の原因は様々ありますが・・・

今回のケースは傾いた体を支えていた腰の筋肉が限界を超え、体を支えきれなくなったためぎっくり腰になってしまったと考えられます。

痛み止めとシップで一時的に痛みを抑えると、症状が緩和したため良くなったように感じてしまいます。

突発的なものであればそれで良くなることも多いですが、体のバランスが崩れてしまっている場合、また体を支えるために痛みが再発します。

こうなってしまうと、慢性的な腰痛、ぎっくり腰を何回も繰り返している、なんて事になってしまいます。

 

そこで、今回来院された患者さんもMRIでは異常がないとのことでしたが、筋肉と骨を触診して左右バランスを確認していくと明らかに左右で差がありましたので、説明をしてバランスを整える矯正の施術をいたしました。

1回目の施術後、体がだいぶ動けるようになりましたが、多少突っ張り感は残っていました。

それは3週間、筋肉に無理をかけ続けた結果、バランスが取れてもまだ硬さが残ってしまっているためです。

その後、数回筋肉の緊張を緩める施術をしたところ、今ではスッキリ腰の痛みが取れて楽になってもらえました。

 

ぎっくり腰になってすぐは動くのもつらい状況です。

そんな時の対処は”動かさない”、”冷やす”、”痛み止めもしくはシップをする”ことで一時的に楽になれます。

3日ほど横になっていると、筋力が回復し、また体を支えれるようになります。

動けるようにあれば、病院や整骨院などで施術を受けて完治を目指しましょう。

上記のように、ぎっくり腰になるくらい腰の筋肉に負担をかけてしまっているので、筋肉が回復するまでゆっくり休養するのが大切ですが、痛み止めで痛みが抑えられていると、治ったと勘違いしてすぐに動いてしまう方が多いです。

痛み止めやお薬が悪いわけではありません。

ゆっくり休めることも大切だということですね。

 

でも・・・

 

ゆっくりなんて休んでられない!

という方も多いのは事実です。そういう私もゆっくり休んでられないです。

そんな時は、筋肉が疲労を起こしていても、痛みがあっても背骨と骨盤のバランスを先に整えます。

痛い時に痛い箇所を動かすのでちょっと辛いです。

でも、バランスが整えば筋肉の回復も早いです。

早く何とかしてくれ!という場合はそういう方法もあります。

 

ぎっくり腰など腰の症状でお困りの方は一度ご相談ください。

 

顎関節症からくる頭痛でお悩みの方へ

2018.12.15 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

顎関節症から来る頭痛でお悩みの患者さんが来院されました。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは・・・

 

何らかの原因で耳の穴の前にある顎関節や下あごを動かす筋肉(咀嚼筋)に負担がかかってしまうと、食べ物を噛むと顎関節や咀嚼筋に痛みを感じる、口の開け閉めをするときに顎関節からカクカク・ゴリゴリと音がする、口が大きく開かなくなる、などの症状が起こります。
これらの症状があるにも関わらず、似たような症状がでる他の病気(関節リウマチや外傷性の顎関節炎など)がないと判断された場合を、顎関節症といいます。
https://medicalnote.jp/より

 

顎関節症により、側頭部から後頭部にかけて頭痛が発症しているとの診断でしたが、なぜ顎関節症と頭痛が関係しているのでしょうか。

顎関節症の原因は様々ありますが、その一つとして頸椎(首の骨)のズレが考えられます。

頚椎は後頭骨(頭蓋骨の後ろ側)と関節を作っていますが、顎の関節は側頭骨(頭蓋骨の側面)と下顎骨(下あご)で出来ています。

頸椎と顎関節の関係

つまり・・・

頚椎がゆがむ → 後頭骨が傾く → 側頭骨がゆがむ → 下顎骨とのバランスが崩れる = 顎関節症の発症

といったメカニズムになっていることが多いのです。

顎関節症だから頭痛が起きていると考えるのか、頸椎のズレが発症しているから顎関節症と共に頭痛が発症していると考えるのかで結構違いますが、結果的には頚椎を整えることで頭痛と顎関節症の両方にアプローチをかけることが出来るのです。

そこで、今回来院頂いた患者様も頸椎のバランスを整えたところ、その場で頭痛がだいぶ解消し、顎も楽に開閉できるようになりました。

現在、2回目の施術を行ったところですが、1度目の施術後、クセにより多少戻っていたところはありましたが、おおむね症状は改善され良好な状態になってきました。

あと数回の施術で完治の見込です。

 

顎関節症から来る頭痛でお悩みの方は、東大阪・布施駅近くで頭痛改善整体が受けられるくまのて整骨院にご相談ください。

姿勢が悪いと頭痛が起こる?

2018.12.11 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

くまのて整骨院の熊崎です。

最近、頭痛患者さんとお話していると「肩こりもひどいんです」という相談をよく受けます。

大体は猫背になってますね。

そこで、姿勢を正しくしてみましょうとお話しすると、患者さんは頑張ってくれます。

ん~、でもここがちょっと違うんですよね。

頑張ってすることって、”頑張らなくなったら元に戻る”ことが多いんです。

頑張らなくても出来るようにならなくては本当の意味で”姿勢が良くなった”、”変わった”とは言えないんです。

ちなみに頑張っている感じはこちら↓


出典 http://www.officiallyjd.com/

何を頑張っているのかというと・・・

姿勢をよくするために肩を後ろに引いている感じですね。

「姿勢を良くするために胸を張ってください!」

って言われたことはないですか?

 

でもこれってちょっと違うんです。

 

私が皆さんにお勧めしているのは・・・

「肩は楽に、胸を上に向けてみてください」

これだけです。

ポイントは肩ではなくです。

胸を上に持ち上げるように意識をして、肩の力を抜く。

言葉にするとそんなこと?と思うかもしれませんがコレがポイントです。

肋骨は横から見ると少し斜め下を向いています。この角度をちょっと上に向けるイメージです。

バストが上を向いて、お腹の前面が少し突っ張る感じです。

大切なことなのでもう一度!

ポイントは肩ではなく胸です。

 

本当は参考画像を探してみたのですが中々、これといった写真が見当たりませんでした。いいのが見つかったらまた記事にして投稿します。

 

姿勢が整うと頚椎(首の骨)の並びも変わってきますので、肩こりだけではなく、頭痛にも効果的です。

まだ良く分からないな~という方は一度当院にご相談ください。

 

東大阪・布施で本格的頭痛改善整体が受けられる「くまのて整骨院」であなたの頭痛、肩こりを改善しませんか。

 

 

 

この時期、寒暖差が頭痛などの原因かも?!

2018.12.05 | Category: 頭痛

柳です。

今回の冬はエルニーニョ現象の為、暖冬になるみたいですね。

しかし、冬は冬!寒くなる時もありますので日々の温度の差が激しくなりそうです。

こんな時に体調を崩して風邪やインフルエンザに罹りやすいので注意です。

最近多いのが、風邪かな?と思っても症状が軽い。でも、身体がダルいし頭が痛い鼻水も出る。

何だろう?という方が増えてます。

これは、最近よく聞く「寒暖差アレルギー」の可能性が高いです。

寒暖差アレルギーとは、朝と昼の温度差が大きかったりして自律神経が乱れるのが原因だと

言われています。自律神経は身体の血管の縮みと広がるのの調整をしているので

寒ければ縮み、暖かければ広がるといった感じです。

この機能が上手くいかずに身体の不調になってしまいます。

対策としては、身体を冷やさない、日中は軽い運動をして夜は入浴などでリラックスするなど

生活リズムを正すのが良いみたいです。

今回の冬は暖かいから良いわ!じゃなく暖かい中にも注意が必要なので体調管理してくださいね。