TEL 予約

子育て中の肩こりを解消。正しい抱っこの方法 | 東大阪市・布施駅・布施 くまのて整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩こりなど上半身の悩み│くまのて整骨院│東大阪市・布施駅・布施の記事一覧

子育て中の肩こりを解消。正しい抱っこの方法

2024.06.12 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,未分類,腰痛など下半身の悩み

こんにちは、くまのて整骨院のスタッフです。

子育て中の方々にとって、腰痛や肩こりは日常的な課題ですよね。お子さんのお世話や家事、仕事などで腰や肩に負担がかかり、痛みや不快感を感じることがあります。そんな方々に向けて、正しい抱っこの方法について詳しくお話しいたします。

正しい抱っこの方法

赤ちゃんを抱っこする際には、腰や肩に負担をかけないようにすることが重要です。以下のポイントに注意して、正しい抱っこの方法を実践しましょう。

1. 背筋を伸ばす

赤ちゃんを抱っこする際には、背筋を伸ばして姿勢を保つことが大切です。背中を丸めずに、自然な姿勢を心がけましょう。背筋を伸ばすことで、腰や肩への負担を軽減することができます。

2. 膝を曲げて持ち上げる

赤ちゃんを持ち上げるときは、腰を使わずに膝を曲げて持ち上げるようにしましょう。腰を曲げて持ち上げると、腰に大きな負担がかかります。膝を曲げて持ち上げることで、腰への負担を軽減し、正しい姿勢を保つことができます。

3. 抱っこ紐の使用

赤ちゃんを抱っこする時間が長くなる場合は、抱っこ紐を使用することをおすすめします。抱っこ紐を使用することで、赤ちゃんの体重を分散させ、腰や肩への負担を軽減することができます。抱っこ紐を選ぶ際には、赤ちゃんの体重や成長に合わせたものを選びましょう。

4. 赤ちゃんの位置

赤ちゃんの位置も重要です。赤ちゃんの頭が親の胸の高さに来るように調整しましょう。赤ちゃんが低すぎると、前かがみになりやすく、腰や肩に負担がかかります。赤ちゃんの位置を適切に調整することで、腰や肩への負担を軽減することができます。

5. 抱っこの時間を分ける

長時間同じ姿勢で赤ちゃんを抱っこすることは、腰や肩に大きな負担をかけます。抱っこの時間を分けて、適度に休憩を取ることが大切です。休憩の合間に軽いストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。

6. リラックスする

抱っこする際には、リラックスすることが大切です。緊張していると、腰や肩に力が入りやすく、負担が増します。深呼吸をしてリラックスしながら抱っこを行いましょう。

まとめ

正しい抱っこの方法を実践することで、腰や肩への負担を軽減し、痛みや不快感を予防することができます。背筋を伸ばし、膝を曲げて持ち上げることや、抱っこ紐の使用、赤ちゃんの位置の調整、抱っこの時間を分けること、リラックスすることが重要です。

子育て中の腰痛や肩こりでお悩みの方は、ぜひ一度、くまのて整骨院にお越しください。柔道整復師が丁寧に施術を行い、腰痛や肩こりの改善をサポートします。

※ベビーカーでのご来院も大丈夫ですよ※

ご予約は当院HP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

子育て中の肩こり

2024.06.11 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,腰痛など下半身の悩み

こんにちは、くまのて整骨院のスタッフです。

子育て中の方々にとって、肩こりは日常的な課題ですよね。お子さんのお世話や家事、仕事などで肩に負担がかかり、痛みや不快感を感じることがあります。そんな方々に向けて、肩こりの原因と対策についてお話しいたします。

肩こりの原因

子育て中の肩こりの原因はいくつかあります。まず、赤ちゃんを抱っこする際の姿勢や動作が肩に負担をかけます。また、授乳中の姿勢や家事を行う際の姿勢も肩こりの原因となります。さらに、ストレスや疲労も肩こりを引き起こす要因となります。

肩こり対策

では、子育て中の肩こりを軽減するための具体的な対策について詳しくご紹介します。

1. 正しい抱っこの方法

赤ちゃんを抱っこする際には、肩に負担をかけないようにすることが重要です。赤ちゃんを持ち上げるときは、膝を曲げて腰を使わずに持ち上げるようにしましょう。また、赤ちゃんを抱っこする時間が長くなる場合は、抱っこ紐を使用して肩への負担を軽減することをおすすめします。

2. 授乳中の姿勢

授乳中の姿勢は、肩こりの原因となることが多いです。授乳する際には、以下のポイントに注意して正しい姿勢を保つことが重要です。

  • 背筋を伸ばす: 授乳中は背筋を伸ばし、肩をリラックスさせることが大切です。背中を丸めずに、自然な姿勢を保つように心がけましょう。
  • 授乳クッションの使用: 授乳クッションを使用することで、赤ちゃんの位置を調整し、肩への負担を軽減することができます。クッションを使って赤ちゃんを支えることで、腕や肩の筋肉をリラックスさせることができます。
  • 赤ちゃんの位置: 赤ちゃんの頭が乳房の高さに来るように調整しましょう。赤ちゃんが低すぎると、授乳中に前かがみになりやすく、肩や首に負担がかかります。赤ちゃんの位置を適切に調整することで、肩こりを予防できます。
  • 授乳チェアの選択: 授乳チェアを選ぶ際には、背もたれがしっかりしていて、腰や背中をサポートしてくれるものを選びましょう。快適なチェアを使用することで、授乳中の姿勢を保ちやすくなります。
  • 休憩を取る: 授乳中は長時間同じ姿勢を続けることが多いため、適度に休憩を取ることが大切です。授乳の合間に肩や首を軽くストレッチすることで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。
  • リラックスする: 授乳中はリラックスすることが大切です。緊張していると肩や首に力が入りやすく、肩こりの原因となります。深呼吸をしてリラックスしながら授乳を行いましょう。

まとめ

子育て中の肩こりは、日常の所作や姿勢を工夫することで軽減することができます。正しい抱っこの方法や授乳中の姿勢に注意し、定期的なストレッチと運動を取り入れることが大切です。また、リラックスと休息を心がけることで、肩こりの予防に効果的です。

子育て中の肩こりでお悩みの方は、ぜひ一度、くまのて整骨院にお越しください。柔道整復師が丁寧に施術を行い、肩こりの改善をサポートします。
※ベビーカーでのご来院も大丈夫ですよ※

ご予約は当院HP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

子育て中の腰に負担の少ない動作

2024.06.11 | Category: 膝痛など下肢の悩み,肩こりなど上半身の悩み,腰痛など下半身の悩み

こんにちは、くまのて整骨院のスタッフです。

子育て中の方々にとって、腰痛は日常的な課題ですよね。お子さんのお世話や家事、仕事などで腰に負担がかかり、痛みを感じることがあります。そんな方々に向けて、腰痛の原因と対策についてお話しいたします。

腰痛の原因

子育て中の腰痛の原因はいくつかあります。まず、おんぶや抱っこなどの育児の動作は、腰に負担をかけます。また、妊娠中の体重増加や骨盤の変化も影響します。さらに、床で生活を送っている方は、座り方や姿勢にも注意が必要です。これらの要因が腰痛を引き起こすことがあります。

腰に負担をかけない所作

では、子育て中の腰痛を軽減するための具体的な所作について詳しくご紹介します。

1. 正しい抱っこの方法

赤ちゃんを抱っこする際には、腰を丸めずに背筋を伸ばして行うことが重要です。赤ちゃんを持ち上げるときは、膝を曲げて腰を使わずに持ち上げるようにしましょう。また、赤ちゃんを抱っこする時間が長くなる場合は、抱っこ紐を使用して腰への負担を軽減することをおすすめします。

2. 掃除機がけや台所仕事

掃除機がけや台所仕事を行う際には、腰を丸めずに背筋を伸ばして行動しましょう。掃除機をかけるときは、腰を曲げずに膝を曲げて掃除機を動かすように心がけましょう。また、台所仕事をする際には、キッチンの作業台の高さが低いと腰に負担がかかりやすいです。可能であれば作業台の高さを調整して腰に負担がかからないようにすることが大切です。

3. 洗濯物干し

洗濯物を干す時に洗濯物を持ち上げるときは、腰を使わずに膝を使って持ち上げることがポイントです。また、洗濯物を干す場所を腰の高さに合わせることで、腰への負担を軽減することができます。

4. 床での生活を椅子にシフト

床での生活を送っている方は、椅子を利用して座る姿勢を心がけましょう。床に座る際もクッションを使って腰を支えると良いです。椅子に座ることで、腰への負担を軽減し、正しい姿勢を保つことができます。

5. 正しい姿勢の維持

日常生活において、正しい姿勢を維持することが腰痛予防に重要です。立っているときや座っているときに、背筋を伸ばし、腰を丸めないように意識しましょう。また、長時間同じ姿勢を続けることを避け、適度に体を動かすことも大切です。

まとめ

子育て中の腰痛は、日常の所作を工夫することで軽減することができます。正しい抱っこの方法や掃除機がけ、台所仕事、洗濯物干し、床での生活を椅子にシフトすることなど、腰に負担をかけない所作を心がけましょう。また、正しい姿勢を維持することも腰痛予防に効果的です。

子育て中の腰痛でお悩みの方は、ぜひ一度、くまのて整骨院にお越しください。柔道整復師が丁寧に施術を行い、腰痛の改善をサポートします。

 

ご予約は当院HP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

腰痛と規則正しい食生活

2024.06.11 | Category: 膝痛など下肢の悩み,肩こりなど上半身の悩み,腰痛など下半身の悩み

くまのて整骨院では、子育て中の方々にとって日常的な課題である腰痛に対する対策を提供しています。
お子さんのお世話や家事、仕事などで腰に負担がかかり、痛みを感じることがありますが、今回は腰痛と規則正しい食生活の通じて腰痛を軽減を目指すお話をします。

腰痛と規則正しい食生活

子育て中の方々にとって、腰痛は日常的な課題です。お子さんのお世話や家事、仕事などで腰に負担がかかり、痛みを感じることがあります。しかし、腰痛を予防し、改善するためには、規則正しい食生活が重要な役割を果たします。

腰痛の原因

腰痛は多くの要因によって引き起こされます。育児の動作や床での生活、姿勢不良などが原因となることがあります。特に、おんぶや抱っこなどの育児の動作は、腰に負担をかけることが多く、長期的な影響を与える可能性があります。また、妊娠中の体重増加や骨盤の変化も腰痛を引き起こす要因となります。

規則正しい食生活

規則正しい食生活は、腰痛予防に非常に効果的です。バランスの取れた食事を心がけることで、体重管理を行い、腰にかかる負担を減らすことができます。特に、高カロリーで低栄養価の食品を避け、野菜や果物、全粒穀物を多く取り入れることが推奨されています。

 

食事のバランス

バランスの取れた食事は、必須栄養素やビタミン、ミネラルを十分に摂取することで、体内の機能をサポートします。特に、ビタミンCやカルシウムは骨組織の健康を保つ上で重要です。また、オメガ3脂肪酸は抗炎症作用があり、腰痛の緩和に役立ちます。

適切な食事量

適切な食事量も重要です。過食は体重増加を引き起こし、腰にかかる負担を増大させます。一方で不足するとエネルギー不足につながります。したがって、自分自身の体重や活動レベルに合わせた食事量を心がけましょう。

食事タイミング

食事タイミングも規則正しくすることで、血糖値の安定化やエネルギー管理に役立ちます。定期的な小量の食事を取ることで、血糖値の急激な上昇や下降を避けることができます。

 

規則正しい食生活へのアプローチ

規則正しい食生活へのアプローチは以下の通りです。

計画的な食事: 週替わりで食事計画を立てておくことで、バランスの取れた食事を心がけることができます。

健康的な選択: 高カロリーで低栄養価の食品を避け、野菜や果物、全粒穀物を多く取り入れることが推奨されています。

水分補給: 水分補給は健康的な飲み物摂取の基本です。特に腰痛を感じる場合は、十分な水分摂取が重要です。

運動: 定期的な運動は体重管理に役立ち、腰痛予防にも効果的です。特にストレッチや強化トレーニングが有効です。

規則正しい食生活へのアドバイス

規則正しい食生活へのアドバイスは以下の通りです。

  • 毎日同じ時間で朝食をとりましょう。
  • 小さなご当地料理を楽しむことで、栄養価も高くて美味しくなります。
  • 新鮮な果物や野菜を多く取り入れることで、ビタミンやミネラルを豊富に摂取します。
  • 全粒穀物は血糖値の安定化に役立ちます。
  • 過度な加工された食品は避け、自然由来の食品を選ぶことが大切です。

規則正しい食生活は腰痛予防だけでなく、全体的な健康管理にも不可欠です。子育て中の方々にとって特に有益です。

まとめ

腰痛と規則正しい食生活は密接に関連しています。バランスの取れた食事を心がけることで、体重管理を行い、腰にかかる負担を減らすことができます。また、適切な食事量や食事タイミングを守ることで、血糖値の安定化やエネルギー管理に役立ちます。子育て中の方々にとって、腰痛予防と健康管理のために規則正しい食生活を実践することは非常に重要です。

 

 

子育て中の腰痛でお悩みの方はぜひ一度、くまのて整骨院にお越しください。お待ちしております!柔道整復師が丁寧に施術を行い、腰痛の改善をサポートします。
※ベビーカーでのご来院も大丈夫ですよ※

 

ご予約は当院HP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

子育て中の腰痛

2024.06.11 | Category: 膝痛など下肢の悩み,肩こりなど上半身の悩み,腰痛など下半身の悩み

こんにちは、くまのて整骨院のスタッフです。

子育て中の方々にとって、腰痛は日常的な課題ですよね。お子さんのお世話や家事、仕事などで腰に負担がかかり、痛みを感じることがあります。そんな方々に向けて、腰痛の原因と対策についてお話しいたします。

腰痛の原因

子育て中の腰痛の原因はいくつかあります。

まず、おんぶや抱っこなどの育児の動作は、腰に負担をかけます。また、妊娠中の体重増加や骨盤の変化も影響します。さらに、床で生活を送っている方は、座り方や姿勢にも注意が必要です。これらの要因が腰痛を引き起こすことがあります。

腰痛対策

では、子育て中の腰痛を軽減するための対策をご紹介します。

・規則正しい食生活:詳しくはこちらをクリック

食事に気をつけて体重管理をしましょう。バランスの取れた食事が腰痛予防に役立ちます。

・腰に負担をかけない所作:詳しくはこちらをクリック

掃除機がけや台所仕事、洗濯物干し、赤ちゃんの抱っこなどで姿勢に注意しましょう。腰を丸めず、背筋を伸ばして行動しましょう。

・床での生活を椅子にシフト:

椅子を利用して座る姿勢を心がけましょう。床に座る際もクッションを使って腰を支えると良いですね。

 

子育て中の腰痛は、早めの対処が大切です。当院では、柔道整復師が丁寧に施術を行い、腰痛の改善をサポートします。

子育て中の腰痛でお悩みの方はぜひ一度、くまのて整骨院にお越しください。お待ちしております!
※ベビーカーでのご来院も大丈夫ですよ※

 

ご予約は当院HP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

 

夏は足がつりやすい

2023.07.25 | Category: 膝痛など下肢の悩み,肩こりなど上半身の悩み,腰痛など下半身の悩み

夏は足がつりやすい

寒くなると足がつる(=こむら返り)という話はよく聞きますが、実は夏も思っている以上に足がつる、足がだるいといった下半身の症状で悩まれる方が多いです。

 

まず、足がつるとはどのような状態かと言うと・・・
自分の意志とは関係なく、過剰な筋肉の収縮が起きて戻らない状態を示します。足だけでなく、手や背中など筋肉があるすべての場所で起こる可能性がありますが、体の中心から一番遠い足で起こりやすいです。
一般的には、急に体を動かしたときに起こりやすいですが、栄養不足や水分不足、冷え、熱中症、急激な寒暖差が原因で起きることがあります。また、それ以外にも妊娠中や加齢、病気などによって引き起こされることもあります。

 

筋肉が冷えているから冬は足がつりやすいのは良く分かります。
ではなぜ夏も足がつりやすいのか?

その理由はいくつかあるので対策を含めてお伝えします。

 

1・エアコンの利用で足がつる

まず、近年の夏の暑さは尋常じゃないのでしっかりエアコンは利用してくださいね。
しかし、エアコンから出る冷たい空気は下に溜まり、暖かい空気は上に上がります。その結果、自分で感じている以上に下半身の冷えを生んでしまっています。
思っている以上に下半身が冷えた結果、血行不良が起き、足がつりやすくなります。足がつる以外にも下半身がだるい、冷えているなんて症状も起きます。

対策:
冷房の効いた室内で過ごすときは長ズボンと靴下を着用しましょう。上半身が薄着ならそんなに暑さは感じないです。
デスクワークの方など座っている時間が長い方はひざ掛けを使うのも有効です。

 

2・暑くなると汗をかく量が増える

暑くなると汗をかきますよね。その結果、汗として体内から水分とミネラル分が流れ出て不足します。熱中症で身体がけいれんを起こすのはこれが理由です。

専門的な話になるので出来るだけ割愛して説明すると、
「脳から筋肉を動かす命令を伝えるのに水分とミネラル分が必要で、汗をかきすぎるとそれらが不足して上手く命令が伝わらなくなり痙攣(つる・こむら返り)をおこす」
という事です。

対策:
汗で流れでる水分とミネラル(カルシウム・カリウム・マグネシウム)の補充が大切です。のどが渇いたと感じる前の水分補給と、就寝時には500㎖の汗をかくと言われていますので、寝る前のコップ一杯の水を飲むことを心がけてください。
ミネラル分の補充に関してはサプリメントを利用するのも一つですが、普段の食生活にミネラルを意識してメニューを決めるのもいいですよ。

・カリウムはわかめや昆布、ひじきに多く含まれます。
・カルシウムは海老やカニ、イワシなどに多く含まれます。
・マグネシウムはひじきや魚類に多く含まれます。
第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版):文部科学省

汗で流れ出たミネラルを補充する食品は海鮮類に多く含まれるので、夏場には意識的に取り入れてみるのも良いですよ。

 

3・睡眠時のエアコンの設定で冷えすぎる、もしくは暑すぎるを防ぐ

夏は寝ている時のエアコンの設定も上手くしないと、暑くて汗をかきすぎて朝方に足がつる。もしくは冷えすぎて足がつる、だるいといった不快な目覚めをすることになります。

暑さのせいで強めに冷房をつけてしまうと、どうしても体は冷えてしまします。睡眠時は通常より血行が低下しているのに、暑いからといって布団をかぶらない、半ズボンで寝るなんてことが起こると下半身が冷えて、だるさや足がつる事につながります。
「キンキンに冷やしてからエアコンを切って寝んねん!」
なんて事も聞きますが、エアコンが切れたら室温はすぐに上昇し、室内熱中症の可能性が高くなりやすいですし、寝苦しくなり睡眠の質が低下します。
小まめにタイマーをかけて寝る場合も、エアコンが切れたら汗をかいて途中で目が覚め、またタイマーをかけて切れたら目が覚める。これを繰り返すと睡眠が浅くなってしまう事と、汗をかいて、冷やされてを繰り返すのでこれもこむら返りや下半身疲労の要因になります。
大前提として、熱帯夜の時などは睡眠時の熱中症対策としてエアコンを利用するのは必要です。エアコン無しで我慢するなんてことはしないでください。

対策:
簡単な予防法としては睡眠時のエアコン設定温度は27~28度位で少し暑いかなと感じるくらいに設定して、身体に当たらない風向きで朝まで付けておく事です。室温が26度位になると快適な睡眠が得やすいといわれています。

必要であればベッドの位置を動かしてエアコンの風が当たらないようにする工夫も必要です。
設定温度が27~28度だと暑いと感じる方は、寝る30分前にエアコンで室温を下げておいて、寝る時には設定温度を27~28度に上げてください。
反対に設定温度27~28度だと冷えると感じる方は、設定温度を1度上げてみるだけでも体感は大分違いますし、パジャマや布団を少し暖かいものに変えてみて下さい。

 

足がつりやすい人とそうでない人の差は?

先ほど述べたような対策を講じなくても足がつらない人はいます。
足がつりやすい人と、足がつりにくい人、どこに差があるのでしょうか?

それは・・・

足がつりやすい人は筋肉が固く、血行が悪い。
逆に足がつりにくい人は筋肉が柔らかく、血行が良い。
といった差が見られます。

足やふくらはぎだけでなく、腰も含めた下半身の柔軟性を高め、血行を良くすることで足がつりにくくなります。

 

まとめ

暑い季節に冷房の効いた室内では、長ズボンや靴下を着用し下半身が冷えないようにする。食事は海鮮類を意識して取るようにし、寝る時はエアコンは設定温度を27~28度にしてつけっぱなしにしてみると、夏の足がつる、こむら返りを起こす、下半身がしんどいといった症状の予防になりますよ。
長期的にはストレッチやマッサージなどで腰から下半身の柔軟性を高め、筋肉を柔らかくしておくことも大切です。

足がつる、下半身がだるいとお悩みの方は、上記の予防法を気を付けていただくとともに、当院にて身体のバランスを整える整体や、マッサージなどで下半身の負担を減らし、筋肉を柔らかくしていけるように施術もさせていただきます。

 

足がつる、下半身がだるいとお悩みの方は、くまのて整骨院にご相談ください。

肩こりなどの上半身の悩みのブログはコチラ

腰痛など下半身の悩みのブログはコチラ

膝痛など下肢の悩みのブログはコチラ

ご予約は当院のHP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

 

頭が前に落ちていませんか?

2023.07.12 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛

スマホの普及から始まり、コロナでデスクワークをする方が一気に増えましたね。色んな職種がありますがほとんどが「画面を見る時間が長くなっている気がします。

画面を見るときの姿勢が悪かったり、時間が長いと自然とその姿勢が身体に染みついてしまい、見ていない時間も首が前に落ちていることがあります。いわゆる「スマホ首」ですね。ストレートネックとも言います。

今回はそのスマホ首になるとどうなるのか。自分でできる改善法はあるのか話していきます。

 

スマホ首の原因と状況

首の骨(頸椎)は7個で構成されています。その骨たちは本来「S字カーブ」を描いているのですが、スマホ等を通して頭が前に落ちる時間が長く、徐々に落ちてき、真っすぐになったところが普段の姿勢になることで「スマホ首」になります。

また視力の悪い人は必然的に顔を画面に近づけることになるので、スマホ首になりやすいと言われています。

 

スマホ首になるとどうなるの?

が落ちてくるのを首の筋肉で支えている時間が長くなるので、首の血流が悪くなり、筋肉のコリが目立つようになってきます。

慢性化してくるとその筋緊張によって血管が圧迫され、脳へと送られる血液量が減少してしまいます。その結果「肩こり」「首こり」「頭痛」が出るリスクが高まります。

 

改善法と普段の姿勢

スマホ使用時の姿勢

大体の人はスマホを下に持ち、それを上から覗き込むようにしているので筋緊張が走ります。ですので、なるべくスマホを持ち上げて水平になるように意識しましょう。そうすることで首の骨で頭を支えられるので、筋肉への負担は極力減らせることが出来ます。

 

PC使用時の姿勢

ノートパソコンの場合、キーボードが離れないのでどうしても距離が近くなり、無理な姿勢が続きます。そんな時におすすめなのが別売りのキーボードです。

好きな配置に出来るので画面との距離が空き、目への負担も軽減されますよ。見るときの視線はスマホと同様です。あとはキーボードに手を置いた際、肩に力が入らないポジションを探してください。

 

ストレッチ

首が硬くなると、その牽引力によって首の骨のアーチが失われてしまい、結果スマホ首になるリスクが増します。

そうならないためにも普段からストレッチを行いましょう。

 

最後に

今回は日常で起こりうる「スマホ首」について話しました。

普段、頭痛や肩こりに悩まされている方も、もしかすると「スマホ首」からきているかもしれません。ひどくなる前にお早めにご相談下さい。

当院ではスマホ首、頭痛、肩こりも対応しています。

「自分の姿勢が気になる」、「そうならないように通院したい」という方も是非お声掛けください。

 

肩こりなどの上半身の悩みのブログはコチラ

頭痛などでお悩みの方はコチラ

ご予約は当院のHP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

夏の冷えにも注意

2023.07.06 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,トレーニング,頭痛

外は暑いのに室内は寒かったりと、大変な季節がやってきましたね。

今回は暑い夏でも芯から冷えてしまう原因や、それに対する対処法を探っていきます。

 

冷えの原因①

これはなんといっても「クーラー」が一番多いのではないでしょうか?

夏場はスーパーやコンビニの中が良く冷えています。外が暑いとどうしても長く居座ってしまいますよね。そこから外に出ると外と室内の温度差のせいで自律神経が乱れ、身体の中の体温調整が効きにくくなり、その結果体調が優れなかったりするようです。

冷えやすさを男女で比べると圧倒的に女性の方が冷えやすく、これは「筋肉量」の違いによるものだと言われています。

一般的に女性は男性に比べると筋肉量が少ないため、寒い環境に対応するための熱を作り出しにくいことから考えられています。

またクーラーなどで身体が冷えてしまうと自然と筋肉も固まってしまい、肩こりや腰痛にも繋がります。

冷えの原因②

もう一つの冷えの原因は食事中の「冷たいものの摂りすぎ」です。

飲食物の消化に適した胃や腸の温度は37度前後で、それを大きく下回った食事を行うと負担がかかります。

冷たいもので下がった臓器の温度を戻すのにも時間がかかりますので、食べ過ぎや、一気に摂取するのは注意しましょう。

芯から冷えるのもこれが原因だと言われています。

 

冷えへの対策

室内が寒いときの対処法としては「羽織るものを一枚持ち歩く」、「靴下を履く」という服装の工夫をしましょう。

身体が弱い方や、高齢者の方は服装の工夫から始めてみるのがおすすめです。

夏場でも湯船に浸かると、水圧でのマッサージ効果が全身の血流を促してくれるので、自律神経も整いますよ。お風呂の際もシャワーだけではなく、湯船に浸かることで水圧がマッサージ効果が全身の血流を促してくれます。

元気な方は服装+「運動」を取り入れてあげると、筋肉量が増えて寒い環境で基礎体温を維持することができるのでおすすめです。

食事の場合ですとアイスは何回かに分けて食べる。水分は常温で飲む。というところを心がけることで、体温が奪われず状態維持ができます。

また発酵食品は代謝を良くする酵素が入っているため、身体を温めてくれます。

食事の際は体を冷やさないよう食べ物を区別して、上手に対策をしましょう。

 

最後に

今回は夏の冷えについてお話しました。

日常生活に注目してみると、身近なところに冷えに繋がる原因がたくさん転がっています。

冬の冷えからくる肩こりが多いですが、夏のクーラーからも起こりうるので上手に対策していきましょう。

 

当院は、慢性的な肩こりや、肩こりが原因で頭痛がでる「緊張型頭痛」も診察しています。

気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください。

 

肩こりなどの上半身の悩みのブログはコチラ

頭痛などでお悩みの方はコチラ

ご予約は当院のHP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

天気頭痛について

2023.06.14 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,頭痛,腰痛など下半身の悩み

「雨の日は気だるさが出る」「天気が悪いと頭が痛い」といった症状のお持ちの方が近頃多くみられます。

「他の人は頭痛がないのになんで私だけ?」と考える人もいると思うので、今回はその説明も踏まえてお話ししていきます。

 

そもそもなぜ気だるさ等が出るのか

私たちの身体には数多くの血管が通っています。血管は普段ある程度の「気圧の高さ」で締め付けが行われていて、その締め付けのおかげで血流が全身に満遍なく運ばれています。

水鉄砲に似たようなもので、ある程度細くないと水が勢い良く飛んでいかない。そんな感じです。

それとは逆に「気圧が低い」と血管の締め付けが緩んでしまい、血液の循環が通常よりゆっくりになります。すると身体に送られる血流が悪くなってしまい、頭痛や気だるさという形で症状が出ます。

 

症状が出る人と出ない人の差は?
仮に人間の調子の善し悪しで、頭痛等が出るラインがあるとすれば図のようになります。

普段から「肩こり」「ストレス」をお持ちの方は、持っていない人と比べてみると元々のスタート地点が低いです。

そのスタート地点が低いと低気圧がかかった時に、許容範囲が狭いので頭痛や気だるさが出るラインにすぐ到達してしまいます。

ですのでお持ちである肩こりの解消、抱えているストレスを省くことで、ご自身の基準値が上がり天気の悪い日でも元気よく過ごせます。

天気頭痛が出た時の対処法

1.カフェインを摂取する

カフェインは血管収縮を行う作用があり、循環が良くなります。頭痛の緩和が期待できますよ。

コーヒーやエナジードリンクから気軽に摂れることができます。

 

2.光を軽減する

天気頭痛が出ている時は光に対して過敏に反応してしまいます。

反対に暗い部屋などのリラックスできる空間で過ごすと、症状に落ち着きがみられます。一旦スマホを置いてみるのもいいでしょう。

3.ツボへの刺激

天気頭痛への効果があるツボをご紹介します。

最後に

頭痛には様々な種類がありますが、今回は比較的多い「天気頭痛」についてお話ししました。

上記に書いた通り「肩こり」「ストレス」等の軽減で、頭痛が取れる場合もございます。天気頭痛でお困りの際は是非一度ご相談下さい。

肩こりなどの上半身の悩みのブログはコチラ

頭痛などでお悩みの方はコチラ

ご予約は当院のHP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です

身に覚えのないアザの正体

2023.05.30 | Category: 肩こりなど上半身の悩み,腰痛など下半身の悩み

少し前に20代前半の女性から「知らない間にアザが出来ている」「打撲かな?」と相談を受けました。打撲での受診も多いのですが本人はアザの痛みは無いとのことでした。
どこかでぶつけた記憶もないのにアザが増えていくのは不安ですよね。

ですが アザ=打撲 というわけでもなく、実際は内科的な問題を抱えている場合もあります。こういったケースは若い女性や高齢者に見られ、その中でも栄養不足から来ていることが多いようです。
あっさりしたものを好む女性は栄養が偏りやすく脂っこい肉やラーメンのスープを避ける傾向にあります。その避けている肉やスープには「コラーゲン」が多く含まれていてこれが身体の血管を作る上で欠かせない成分のひとつなのです。

 

血管の壁にはコラーゲンが多く分布しており、ケガをするとそのコラーゲンが血液に触れ、すぐに固まる仕組みになっています。

その重要な役割を持ったコラーゲンが不足することで、軽く手足をぶつけた時に内出血が止まらなくなりアザが出来てしまいます。

口から入ったコラーゲンはいったん消化されるものの、身体に「ビタミンC」が十分にあると体内でコラーゲンが再構築され血管に栄養が行き届きます。

コラーゲン不足を感じた際は同時にビタミンCを摂ってあげるのがオススメですよ。

脂っこいものを避けて食事をしている方は多いと思いますが、たまには栄養補給として大切に頂きましょう。

 

全てのアザが先ほどお話したコラーゲンが原因という事ではないので、気になるようでしたら一度内科で診てもらってください。

 

肩こりなどの上半身の悩みのブログはコチラ

腰痛など下半身の悩みのブログはコチラ

ご予約は当院のHP内のWEB予約公式LINEお電話にて受け付けております。

東大阪市・布施で本格的な整体が受けられる
くまのて整骨院
〒577-0056東大阪市長堂1-12-1(イオン布施北すぐ)
電話06-6618-6233
ご来院の際はネット予約が便利です